TOP >> 初回限定!お試し価格「飲む梅干」

★初めての方限定★梅酢ドリンク「飲む梅干」








夢ごこち梅翁園. 社長 泰地 祥夫
「飲む梅干」誕生のきっかけは、私の長女の一言にあります。
ある時、「梅干しは健康によいと思うけど、毎日は食べにくい…」と話した事から、 梅干を毎日食べるのと同じように、梅干の成分を簡単に摂る方法がないかと考え、 思いついたのが梅の塩漬け時に出る梅酢。この中には梅干と同じ成分が含まれていて、 それを毎日飲めるようにと作ったのが、ストレートで飲めるドリンクタイプの 「飲む梅干」です。 今では長女も美味しいと飲んでいます。
毎日、梅干に含まれる成分を、おいしく、しかも簡単に摂っていただくために、 試行錯誤の末に商品化できました。



原料にもこだわっています!
「梅酢ドリンク 飲む梅干」の原料は、梅の本場・紀州みなべ産の完熟南高梅を塩漬け(梅干)に する工程で 得られる「梅酢」。漬け込み樽の中に南高梅の実と塩を交互に入れ、数日たつと 梅の実からじわっと梅酢が染み出してきます。この梅酢には、クエン酸、リンゴ酸などの有機酸と カルシウム、鉄分などのミネラル類が含まれています。「飲む梅干」の原料は、塩分の高い梅酢を 独自の技術で脱塩し、梅酢に含まれる有用成分だけを取りだして使用。
原料そのものにこだわっています。



こうやって作っています!
「梅酢ドリンク 飲む梅干」は、紀州産の完熟南高梅を塩漬けする際に抽出される梅酢をベースに、 独自の技術で脱塩処理した梅酢に、梅肉エキスや梅果汁、オリゴ糖などを加えて完成。 さらに紀州産の梅の種、びわなど植物種子を特殊製法により発酵液化したした成分をプラスし、 梅のパワーをまるごといかしました。
飲み口が爽やかで、後味がスッキリしているのは、梅干の天然成分によるもので、 梅干本来の自然な風味を醸し出しています。


飲む梅干◆紀州梅の種などをまるごと発酵液化し、すべていかしました!
紀州梅の種をはじめ、びわなどの植物種子を特殊製法により発酵液化した新成分を配合。
日々の食生活で不足しがちな亜鉛をはじめとする各種ミネラルの補給に役立ちます。
この新成分は有効性が認められ、さまざまな働きを備えています。

◆クエン酸パワー
クエン酸は爽快な酸味をもつ酸で、梅干し1個には約1g含まれています。
『飲む梅干』には梅干し3個分のクエン酸が入っています。
※当社梅干し『いきな2L粒』換算

◆青梅をじっくり煮詰めて出来上がる『梅肉エキス』に希少な『ムメフラール』が含まれています。
『飲む梅干』の成分のひとつである梅肉エキスの中に含まれている有効成分が、ムメフラール。
梅肉エキスを製造する工程で生まれるムメフラールは、青梅を加熱することで糖質とクエン酸が結合して生成される、青梅や梅干しには含まれない成分です。

飲む梅干■クエン酸って何??
飲む梅干に含まれているクエン酸は、もともとはレモンや梅干などのすっぱ~い食べ物の中に多量に含まれている成分です。
このクエン酸、運動の前や運動中に摂取すると乳酸が筋肉に溜まりにくくなって疲れにくくなります。
よく運動しているときに「レモンのはちみつ漬け」を差し入れたりするのはそのためなのです♪
また、クエン酸はレモンや梅干などの酸味の正体でもあるのです。
クエン酸による酸味は、酸味の中でももっとも美味しい酸味だといわれています。






毎日美味しく飲んで、疲れ知らずの体に♪

飲む梅干ならアレンジも簡単!!


↑梅シャーベット
飲む梅干をそのまま凍らせて…シャキシャキ冷たい濃厚梅酢シャーベットの出来上がり☆

↑はちみつ梅ゼリー
飲む梅干にはちみつとゼラチンを加えてゼリーに!梅とはちみつの甘酸っぱさが癖になりそう♪

↑ホット飲む梅干
飲む梅干を温めるだけ…。なのにコレがかなり美味しいのですっ!ホッとリラックスしましょ。



飲む梅干 商品詳細 ※写真はイメージです

飲む梅干(18本入)
●飲む梅干を初めてご購入の方、1家族1ケース限りとさせていただきます。
梅酢をベースに梅肉エキスや梅果汁をブレンドした爽やかな風味のドリンク。
梅干は体にいいと分かっているが、酸っぱいのはちょっと苦手・・・。そんな人におすすめなのがこの飲む梅干。
一口飲むと爽やかな梅の香りとほのかな甘味が広がります。自然な酸味があり、のどごしが爽やかで後味もよく、毎日飲んでも飽きません!!
特殊な技術で脱塩!さらに梅肉エキスや梅果汁、オリゴ糖などをブレンドしています。
1本125ml
原材料名:南高梅酢、糖類(オリゴ糖、砂糖、黒糖)、梅果汁、梅肉エキス、 発酵調味液、甘味料(スクラロース)
※包装はできません。予めご了承ください。

 1,800円【送料無料】 (税込)
 
 数量   



↑ PAGE TOP

今すぐ購入 お買い物カゴを見る